CAR-Tの培養にhPLが与える影響について

今回はウェビナーのご案内です。例によってBlogに興味はないがタイトルの内容に興味がある!という方は以下のURLをクリックしてご視聴ください(Youtube)。


CAR-T細胞の培養におけるhPL(Human Platelet Lysate)が与える効果

https://youtu.be/mSNzep4Py0A

Speaker:Baylor College of Medicine 渡部 紀宏 先生


何回か紹介いたしておりますSextonBioTechnologiesのhPL(ヒト血小板溶解物)を用いてCAR-T Cellを培養した際、どのような影響がみられるのか、という内容について解説いただいております。


非常にわかりやすく解説いただいており、私自身とても参考になりました。概要を話してしまうと面白くないと思いますので、

弊社的にはSexton Biotechnologies社のhPL (nLiven PR や Stemulate)に興味を持っていただけると嬉しいのですが、個人的には、他社のhPLを用いても同じような結果が得られるのか、また違った結果になるのか気になりました。


各メーカーの情報を拝見すると原料的には同じもしくは類似だと思われますので、似た結果は得られると思うんですよね。しかし、私がこれまでに得た情報を整理すると、各メーカーの製品の間には、微妙なところで微妙な差があるように考えています。


論文を漁ってみてもhPLの効果に関する報告はまだまだ少なく、研究材料(ネタ)としては良い製品だと思います。※FBSとの比較は落ち着いた印象です。


CAR-Tの他にもDC、NK、各種MSC、繊維芽細胞などでのお問い合わせも増えています!そうは言っても高いじゃない…という皆様に、2021年2月末日まで、特別な価格でのキャンペーンを実施いたしますので、ぜひお問い合わせください!



81回の閲覧

最新記事

すべて表示

自動培養装置の選び方2021

先日はTerumo BCT主催のQuantum 細胞増殖システムのWebinarをご視聴いただきましてありがとうございました。販売してから数年たっていますが、設置面積あたりの効率はTOPクラスだと思います。今年3月の再生医療学会でもQuantumに関連した内容もありましたし、グローバルでは非常に実績豊富な自動培養装置なんですよね。 COVID-19 によりリモートワークが推進される世の中になりまし