化学とマイクロ・ナノシステム学会に参加します

ご無沙汰してしまいました…。コロナ禍で気が抜けない新年度となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


さて、突然ですが、5月17日と18日にオンラインで開催される、化学とマイクロ・ナノシステム学会にてオンライン展示に参加いたします!!


「池田理化」や「SAITAS」としての参加ではないのですが、アイカムス・ラボさんのブースでマイクロチューブポンプシステム電動ピペットを用いた微小流路への送液について展示しております!





化学とマイクロ・ナノシステム学会は、生命現象を対象とした学問分野と、マイクロナノスケールの材料・加工、計測、制御技術、システムなどを対象とする工学技術とを融合することで新しい学術領域・研究分野を切り開く研究会です。


私が興味ある分野としては、Organ on a chipなどの細胞を用いた薬効評価や薬物動態評価なのですが、工学と生命の融合ってロマンがありますよね。


さて、もしこのブログを見て、化学とマイクロ・ナノシステム学会にご参加いただける方がおられましたら、ぜひ、アイカムス・ラボのブースにお立ち寄りください!


そして、「ブログ読んだよ!」と声をかけてくださった方には、疲れた足に癒しと休息をお届けするグッズをプレゼントいたします!本当ですよ!!


よろしくお願いいたします!



13回の閲覧

最新記事

すべて表示

CAR-Tの培養にhPLが与える影響について

今回はウェビナーのご案内です。例によってBlogに興味はないがタイトルの内容に興味がある!という方は以下のURLをクリックしてご視聴ください(Youtube)。 CAR-T細胞の培養におけるhPL(Human Platelet Lysate)が与える効果 https://youtu.be/mSNzep4Py0A Speaker:Baylor College of Medicine 渡部 紀宏 先生