hPLがお求めやすくなりました

SextonBiotechnologies社のhuman Platelet Lysate (ヒト血小板溶解物)の価格改訂が行われました!  Sexton Biotechnologies社のhPLは大きく分けると試験研究用のStemulateと臨床用のnLivenPRに分かれます。



そのおかげもありhPLに関するお問い合わせも非常に多くいただき、私自身も非常に勉強になったものの、まだまだ未解明な製品だなとつくづく感じます。


しかしこれまでhPLについて皆様とお話をすると、価格が課題として話題になることが多いんですよね。



「面白いし興味はあるけど、ちょっと試すには高いな…検討します。」


この言葉を何度聞いたことか! サンプルも提供しているのですが、継続して使用できない価格であれば、研究材料として使用し辛いですよね。。


Wound HealingやMSC、免疫細胞、iPS細胞の培養、分化など…まだまだ現象面での評価しかできていませんが、恐らくこういった研究から、クリティカルな因子や培養条件の発見にもつながっていくのだと考えています。


そこでSAITASチームでは、再生医療の研究をより進めるために、SextonBiotechnologies社のhPLの価格を見直し、特に試験研究用のStemulateの価格をお求めやすく再設定いたしました。


気になる価格は…是非お問い合わせください!




最新記事

すべて表示

自動培養装置の選び方2021

先日はTerumo BCT主催のQuantum 細胞増殖システムのWebinarをご視聴いただきましてありがとうございました。販売してから数年たっていますが、設置面積あたりの効率はTOPクラスだと思います。今年3月の再生医療学会でもQuantumに関連した内容もありましたし、グローバルでは非常に実績豊富な自動培養装置なんですよね。 COVID-19 によりリモートワークが推進される世の中になりまし